営業品目

地球環境>自然環境>生活環境を大切に


  • 屋上緑化パレット
  • 屋上緑化工法(パレット型)
屋上緑化工法施工写真

屋上緑化工法(パレット型)の施工

近年、人間の活動が地球環境に与える影響について地球規模で考えられるようになりました。

大都市では気温の上昇が著しいヒートアイランド現象などが発生しています。このような現象を回避する一環として、屋上緑化工事を進めています。これは、ビルの屋上に植物をうえ、夏場のコンクリート表面温度の上昇を防ぎ、植物の蒸散作用により気温を下げようというものです。また緑の景観つくりにも繋がります。

屋上緑化工事を施工する際の注意点として、建築物の防水処理方法のほか、軽量で保水性の良い培地開発、植物の種類や灌水方法、また合理的な施工方法など、解決すべき課題がまだあります。

今後、これらの諸問題に対し、施工実績を重ね、技術的な課題を解決し、生活環境の向上に努めます。

パレット型施工例

屋上緑化パレット構造図 屋上緑化パレット施工写真

セダム類

セダム類植栽写真

草本性多肉植物で耐乾性・耐寒性に優れた種が多く、貯水機能を持つため僅かな土壌で生 育します。

この特性が屋上緑化に求められる超薄層軽量基盤植栽を可能にしました。

ほとんどが常緑で開花期には花でおおわれます。

屋上スラブ表面温度比較

屋上スラブ表面温度比較グラフ
計測日 計測
時間
SNオアシス下部のスラブ表面温度 屋上スラブ表面温度
平成16年8月6日 AM8:00 29.6 34.0
PM1:30 35.3 53.8
PM4:30 33.9 46.5

屋上緑化工法(パレット型):仕様概要

樹脂パレットは軽量で施工性がよい。
パレットサイズ 307mm×607mm(0.186u/枚)
セダム植生面積 303mm×603mm
パレット重量 4kgs/枚
セダム・軽量土壌を
含む重量
5.4―5.5kgs/枚・・湿潤時で7kgs/枚
1u当たりの荷重 20kgs/枚・・湿潤時で38kgs/枚
緑材レンガ 幅60mm
パレット・セダム、土壌の飛散問題
■屋上で強風が吹いたときパレットが飛散しないか?
建材試験センターにおける風速50mでの試験でも飛ばされないことの試験実施済み。
各パレットはテープで結束されており、スラブとは面で接している上、見切り材で風が中に入らないよう封印されている。
■軽量土壌が飛散しないか?
パレット出荷時よりセダムに覆われている(根付いている)ので飛散はほとんどなし。
また出荷時に植生に影響のない土壌固定材を吹き付け飛散防止対策を施している。
■セダムが飛散しないか?
試験では風速50mで若干飛散するが、根こそぎ飛ぶというものではないこと実証済み。